日々のツボ 別館
忘れた頃に更新するかもしれません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
3月21日(水)、大塚の「welcome back」にてSALT PEANUTSのライブがありました。
SALT PEANUTSは、かつてハドソンで「チャレンジャー」「迷宮組曲」などの音楽を手掛けられた
国本剛章さんが在籍するトリオバンドです。

メンバー
・杉原史規(ボーカル・ギター)
・佐藤雅巳(ドラムス)
・国本剛章(ベース)

バンドの出番は18:00からでしたが、私は気合を入れすぎて15:30に着いてしまったという。最前列に座って2バンドを観たところで、
GBSさんと久々に再会。
ほぼ時間通りにライブ開始。

今回杉原さんはエレキギターを使用。マルチエフェクター(BOSSのGT-6?)も使うことで、多彩な音作りをしてました。ピック弾きということでしたが、指弾きの時と変わらぬ勢いと上手さでしたね。
アンプを2台使っているようでしたが、空間系の広がりを演出するためでしょうか?
(違っていたらすみません)
佐藤さんのドラミングも切れがよく、安定したリズムをたたき出してました。
国本さんの演奏(指弾き)もやはり凄いです。基本的には出しゃばらずシンプルな演奏ですが、「敵方の女」のようなアップテンポの曲では奔放に弾きまくってます。圧巻です。

以下、曲ごとの感想を簡単に(曲名表記は間違っていたら訂正します)

1.SHADE OF PALE

20年ほど前、バンドが札幌にいた時に演奏されていた曲らしいです。
(その時のベースは違う方)
国本さんのリクエストで今回演奏された模様。
力強く、勢いのある曲です。
ボーカルも全力投球。最初からこんなに飛ばして大丈夫でしょうか。

2.GO STRAIGHT

1曲目から間髪いれずに。
バッキングでのディレイがかかった爽やかなギターの音色が心地よい。
間奏でのギターの音色は歪んでたのですが、これはこれでありかもしれません。
(前回・前々回はクリーン系の音色でした)

3.AIR

揺らぐギターの音色がこれまた心地よいイントロ。
軽やかで爽やか。
「without you~」「いざ宙~」のメロディー・コーラスが特に爽やかです。
間奏のギターはオルガンを思わせる音色。はねる感じでシンプルなフレーズです。
基本的には肩の力が抜けた歌い方ですが、ここぞというところでは力強く叫ぶ、と言う具合にメリハリを付けてました。

4.アラワザ(新曲)

ゆったりとしたテンポ。ワウペダルをリズムに合わせて踏み込むことでどこかファンキーな感じが。
Bメロ(サビ?)での開放感溢れるメロディーがとても好き。
それまでは抑え気味な感じ(歌い方含めて)だったのが、一気に解き放たれるかのような感じが感動ものなのですよ。
力強く歌っているのもあるでしょうね。
天気の良い日に大きな音で聴きたい曲。

5.THE WALL

国本さんの短いトークに続いて。
切れのよいリズム、アップテンポ気味の曲。
途中、歌メロに合わせた演奏をするベースが格好いいです。
間奏でのギターは、ジェフ・ベックかと思うような速いトリル(弦を叩くのと引っかいて音を出す奏法)からはじまり、猛烈な勢いで弾きまくるのがとにかく凄い。

6.敵方の女
国本さんが阪神の帽子、佐藤さんが巨人の帽子をかぶった…
ということはこの曲です。待ってました!
圧倒的なまでにアップテンポの曲。
ひたすら早く刻まれるハイハット、奔放に弾きまくるベースは何度聴いても良いです。
ギターソロは前半はシンプルに、後半は複数の弦を勢いよく弾くという構成。
3人によるコーラスもいいですし、
国本さん渾身の実況中継ナレーション(今回もバース、掛布、岡田3連続ホームランの実況)も健在。
終わり方も格好良いです。

7.GO TO THE FUTURE

杉原さんが次回のライブスケジュール(4月21日・吉祥寺「シルバーエレファント」、5月・沼袋「サンクチュアリ」)を発表。

3人のコーラスからはじまる勢いと緊迫感溢れる曲。
ギターが目立つ部分での音色はゴリゴリしていて目立ってます。凄い。
(歌の部分はクリーントーン)
ベースも目立つところでは揺らぐ音色になってましたね。
ギター・ベース・ドラムが一体となって演奏する所がありますが、実に決まってます。
全力投球なエンディングも素晴らしい。

今回もあっという間のライブでしたね。
それにしても本当に元気いっぱいで、勢い溢れるバンドです。すごいなあ…

ライブ終了後、国本さんと、国本さんつながりで集まった方々(15名くらいいたかな?)と打ち上げがありましたが、にぎやかでしたね。そして楽しかった。
全員とお話できたわけではなかったですが、皆さん、ありがとうございました。

heiseinoizeさん(国本さんの音楽レビューをされてます)とは初めてお会いしましたが、何でも私はheiseinoizeさんの知り合いの方に似ているとのことで…
まあ、世の中には自分に似た人が3人いるとの事で。

・関連記事
『SALT PEANUTS』ライブ@大塚Welcome backに行ってきた(heisei noize fragment:heiseinoizeさん)
スポンサーサイト
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。