日々のツボ 別館
忘れた頃に更新するかもしれません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
星観る人『人間様』感想
 ソルト・ピーナッツの国本剛章さんがかつて在籍していたバンド、
星観る人の3枚目のアルバム『人間様』の感想です。
(タイトル、正確には「様」に×印が書かれています)

 興味のある方は以下のアドレスへGO!

 http://kinokosan.blog.ocn.ne.jp/wakame/2006/08/rd_2372.html

1.文字を笑え

 軽快でポップです。キャッチーです。
 国本さんとドラムのタマオさんの愉快な掛け合いあり、見事なハモリもあります。

 間奏では聴いただけで吉田さんと分かるギターの音色(太い音色)と、伸びやかな演奏がまたよろし。
 それ以外でのギターの音色はきらびやかで対比が見事。
 国本さんのベースプレイ、タマオさんのドラミングも切れが良く安定感があります。
 終盤のベースの音の太さもまた印象的ですね。

2.こんなのいたらどうする?

 インスト曲です。
 フェイドインする中、ゲストの渡辺隆行さんのサックスがどことなくお洒落で都会的な雰囲気を演出してますね。
 ゆったりしたテンポから一転、テンポアップして、バンド全体で息の合った(リズム的な)ユニゾンを聴かせるところに息を呑みます。
 『ワイヤード』あたりのジェフ・ベックの曲を思い浮かべたのは私だけでしょうか…?
 格好良く決まってます。
 その後のサックスとギターの掛け合いは、火花を散らすというよりは対話を楽しんでいるようにも感じますね。
 
3.絵に描いた黒の鳥
 
 コーラスエフェクターの効いた、きらびやかなギターが印象的なイントロから、タマオさんの透明感ある歌声へと続きます。
 前半はゆったりしたテンポで、聴く者に安らぎを与える曲ですね。
 歌詞はちょっとだけブラックですが、幻想的です。
 後半はテンポが速くなり、サックスが奔放な演奏を聴かせます。
 バックもビートのある演奏で、サックスを煽ります。
 終盤はペースダウンしたりと抑揚をつけたアレンジも良いですね。

4.人間様

 どことなくファンキーな感じのする曲です。
 切れのあるベースとギターの演奏が見事…と思っていると、
伸びやかな演奏になったりと先の読めない展開ですw
 歌詞は「現在(いま)ここにいるよ」だけですが、タイトルと合わせて聴くと、何か意味深な感じがしますね……
 聴く者に解釈を委ねている感じです。

5.ダイヤは死体のために

 12分以上に渡る大作です。
 静かに、滑らかに鳴り響くキーボードから一転、
 バンド全体の、確かな存在を感じさせるダイナミックな演奏になります。
 国本さんとタマオさんの不思議なハーモニーの歌メロは美しく、聴くものの心に染み込んできます。
 歌詞は美しさを感じさせつつ、最後に皮肉を効かせたあたりが見事です。
 間奏部分ではギターが伸びやかに演奏し、
 もう一つの歌の部分では短くも印象的なメロディーを聴かせます。
 後半の演奏は、ドラムとギターは一定のフレーズを奏でるのに対し、ベースは奔放なフレーズを弾きまくります。
 アヴァンギャルドでもありますね。
 再び歌(Aメロ?)に戻り、伸びやかにして爽やかに曲は終わります。

 私が所有している星観る人1999年のライブ盤にもこの曲が収録されています。こちらの演奏もまた素晴らしいものがあります。

6.オープニングSE人間様(ボーナストラック)

 広がりのあるゆったりした演奏にのり、何らかの音声処理がされたナレーションが流れますが、明らかに人間に対する皮肉のきいた内容です。
 人間「様」よ、もっと謙虚に、思いやりの心を持って生きないといけないよ、という所でしょうね……

 
スポンサーサイト
 19日(土)に吉祥寺のシルバーエレファントにて行われた
ソルト・ピーナッツのライブ、今回も前回同様盛り上がりました。
 PICT0035.jpg


 ベースの国本さんは以前のバンド、星観る人時代によく出演していたライブハウスではありますが、ソルト・ピーナッツとなってからは初、(約6年ぶりだそうです)と言う事でしたが、特に気負った感じでもなく、余裕の演奏を披露していました(バンド全体にも言えましたが)。

 新曲1曲を含め、3曲が今回新たに演奏された曲です。
 (曲目はボーカル・ギターの杉原さんのサイトの日記から)

1.THE WALL

 新曲です。
 アップテンポのギターリフに始まり、細かく刻まれるハイハットが加わり、ドラムが打ち鳴らされるとうねるベースも加わり、歌が始まりました。
 今回も声の伸びはよく、絶好調振りを感じさせます。
 バンド全体のまとまりもよく、切れのある演奏は聴いていて安心できますね。
 スキャットとベースのユニゾンがまたよろしい。
 間奏のギターソロも前半はメロを重視し、後半はコード、複音フレーズで勢いある演奏を聴かせます。
 歌に戻り、エンディングにつながる部分ではさらに勢いある演奏です。

2.GO STRAIGHT

 間髪いれずに2曲目。
 前回より長めのドラムの後、他の楽器も加わってました。
 ボーカルの杉原さんの喉の調子は絶好調!
 今回は他のメンバーもサビの部分でコーラスを付けてました。

 曲終了後、挨拶と軽いトーク。

3.NEVER GIVE UP

 これも今回は長めのドラムの演奏後、他のメンバーも加わり、歌が開始。
 瞬間的なファルセットと、そこから地の声に戻っても音程がぶれない杉原さんの力量に感服。
 今回もドラムソロがありましたが、前回よりも長かったですね。
 途中何度かスティックが手から離れてその度に持ち替えていたようですw
 一旦ドラムソロを止めて「しつこいねw」とつぶやき、観客の笑いを誘った後、再び叩き出してすぐにエンディングへとつながるバンド全体での演奏。
 お見事。
  
4.トーキョードリーム

 前回は演奏されなかった曲。
 杉原さんが軽く数フレーズを弾いた後、軽快なレゲエのリズムを刻み出しました。
 (でもどこかジャジーな感じもします)
 曲調のせいもあって、リラックスした雰囲気。
 それでも声には弾力があり、伸ばすところのでの伸びは格別です。
 一語一語を丁寧に聴かせる歌い方がまた良いですね。

5.見果てぬ夢

 再びアップテンポの曲に。
 サビの部分での他のメンバーによるコーラスが効いています。
 間奏部分序盤でのベースとギターの息の合ったユニゾンが見事。
 ごく短いギターソロも弾きすぎず、曲を生かしたもので好印象。
 
6.素晴らしいパラダイス

 これも前回は演奏されなかった曲。
 ここで杉原さんはハーモニカを使用。
 若干スローでファンキーなリズムを刻みだし、曲がスタート。
 ここぞと言う部分でのハーモニーがまた心地よいです。
 全体に抑制の効いた演奏で、ボーカルも丁寧に詞を聞かせます。
 間奏部分でのハーモニカはメリハリをつけつつ、ハーモニカ特有の哀愁も漂わせた演奏が心に染みます。
 
7.敵方の女
 
 杉原さんがセントラルリーグの審判の帽子を今回はじめてかぶり、
 国本さんが阪神の帽子をかぶっていましたが、
 ドラムの佐藤さんは巨人帽を忘れてしまったと言うw
PICT0023.jpg

 
 物凄いアップテンポの曲です。
 前回同様、切れ味鋭いハイハット、縦横無尽のベースプレイに驚愕。
 今回は一部歌い方(フレーズ)を変えてましたね。
 3者揃ってのコーラスがキャッチーです。
 間奏での火を吹くようなギターソロも圧巻です。
 今回も国本さんによる、実況を模したナレーションがありましたが、前回とは内容が変わっていました。
 ’85年の阪神の3者連続ホームランの実況でした。
 今回も圧巻の演奏でした!!

8.GO TO THE FUTURE

 息の合ったアカペラコーラスからはじまり、アップテンポに変貌する曲です。
 切迫感あふれるボーカルがやはり素晴らしい。
 間奏部分での各メンバーの見せ場を作ったアレンジも見事。
 3人の演奏がピッタリ合った演奏を聞かせる部分も凄いです。
 今回も見事に盛り上がってライブ終了!となりました。

 今回は、ボーカルが結構聞き取りやすかったので、PAの問題だったのかな?
 全体的には盛り上がった素晴らしいライブでした。

 今回は杉原さんは足元の使用機材を変えてましたね。
 はっきりとは見ていませんが、恐らくBOSSのSD-2を使っていたような…
 あと、もしかしたらBOSSのツインペダルシリーズのサンプラー(名称後で調べます)も使っていたかな?
 アンプは今回もジャズコーラスでした。

 う~ん、今回もいいライブをありがとうございました!

 関連記事
 
 ○GBSさんのブログ
 http://d.hatena.ne.jp/gbs68000/20060819


Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。