日々のツボ 別館
忘れた頃に更新するかもしれません!
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
保守
保守。
スポンサーサイト
○新・マツケン先生三部作第3回に行ってきた!

ototoykanban.jpg


先日(21日)、松澤健さんが講師となって音楽について講義する!
というオトトイの学校の「新・マツケン先生三部作」第3回に行って来ました。

ゲストに国本剛章さんを迎えてのタケちゃん&健ちゃん結成秘話が聞けるかも、
さらにはタケちゃん&健ちゃんのミニライブもあると聞いて颯爽と申し込みました!
というわけで、当日の様子を簡単ですがお伝えします!

ちなみに松澤さんはDX7を、国本さんは長年愛用の白いベースと金ピカ仕様のピアニカを使っての演奏でした。

○結成のきっかけは、ミクシィへの国本さんの書き込み

松澤さんと国本さんが出会ってタケちゃん&健ちゃんを結成したきっかけは、
松澤さんがミクシィに載っていた国本さんのCD頒布の書き込みを見た事とのことです。
それが2008年1月。

松澤さんいわく「当時はゲーム音楽を作曲した人は雲の上のように遠い存在だったから、メールでやり取りできるだけでも嬉しかった」とのこと。
これは同感ですね。私も初めて国本さんからCDを購入する際に
メールをやり取りした時は同じ事を思ったものです。

○松澤さんが保存していた国本さんとのメールのやり取りを公開

松澤さんの熱心さが伝わる、国本さんとのメールのやり取りが初公開!

メールを送った時間も書かれていて、場合によっては、
国本さんが送信してからわずか14分で松澤さんが返信していました。早い!(笑)。
これにより当時の松澤さんのテンションの高さも明らかになったのでした。
国本さんが「まるで恋人同士みたいですね」と言われてましたが、確かに(笑)。

松澤さんが実際に国本さんとお会いしたのは、
2008年12月のコロニー落としのライブを観に上京したときのこと。
国本さんご自身が作曲した曲を演奏する様子に興奮したという松澤さんですが、
このときは終演後に軽く会話しただけとの事でした。

○国本さんから松澤さんにアプローチ

国本さんは松澤さんがアップした演奏動画を見たことで
松澤さんの腕前の高さを買い、
さらに松澤さんが電飾のつけ毛をして演奏する動画や、
コレクションのビンテージシンセを演奏する動画を見て
一緒に演奏したい気持ちが強くなったそうです。

その結果、国本さんから松澤さんに一緒に組もうと
アプローチをかけたとのこと。これは初めて知りました。

そして2009年2月にタケちゃん&健ちゃん結成!

なお、「タケちゃん&健ちゃん」のネーミングは松澤さんの案で、
割と最初の方で出てきたといいます。
他には「○○(○○の部分は失念とのこと)と愉快な仲間たち」
の案もあったことが語られました。

当時浜松にお住まいの松澤さん、ほぼ毎週実家に戻ったり
国本さんとのリハをしていたとのこと。

このほか、タケちゃん&健ちゃんの全ライブを動画で簡単に振り返りました。
中には一般公開されていない動画もありましたよ……。

スタジオでの初リハーサルのとき、松澤さんがとても興奮していたと国本さん談です(笑)。

リハーサル時の会話や演奏もほんの少しですが紹介されました。

このほか松澤さんがインタビュアーとなって、
国本さんのゲーム音楽作曲家としての履歴が語られました。

○国本さん、ハドソンでのお仕事の経緯を語る

国本さんが札幌のヤマハのお店(当時は日本楽器だったそうな)で
出始めたばかりのMIDI機材でデモンストレーションできる要員として働いていた事、
その時にハドソンの笹川さんにスカウトされたことなどが語られました。

そのほか、『スターソルジャー』でハドソンのビルが建つほど急成長したことと
曲の発注の仕方の変化のお話が聞け、興味深かったです。
なんでも最初のころ(『チャレンジャー』とか)は画面を見せてもらえたが、
次第に画面無しで曲のイメージだけを伝えられる発注形式に変わったとか……。

○フンフン作曲法とガジガジ作曲法……国本さん作曲秘話

フンフン作曲法(曲が浮かぶままに作曲)と
ガジガジ作曲法(時間が無いときにひたすらキーボードを弾いてメロディーが浮かぶのを待つ)
について語られてました。

曲が浮かばない時には近所を散歩していたという国本さん。
その範囲は家の半径50m以内。すぐに家に戻って打ち込めるようにするためでした。

○貴重! 松澤さん秘蔵資料集

講義では折に触れて松澤さん所有の、
音源や写真、動画などの貴重な資料も公開されました。
ざっと挙げますと

・当時使っていた携帯電話で撮影した、コロニー落としの演奏動画(2008年12月の時の)
・国本さんがご自宅でキーボードを使って『カトちゃんケンちゃん』の海の曲を演奏する動画
・「タケちゃん&健ちゃんごきげんCD」の製作表
・松澤さんと国本さんのツーショット写真!(笑)

○初披露の曲も含むリラックスしたミニライブ!

更には講義の合間にタケちゃん&健ちゃんのミニライブもありましたが、
間近で見られることと、会場全体が明るい中でのライブという
珍しいシチュエーションだったこともあり、とても貴重で新鮮でしたね!

○演奏曲リスト

・『カトちゃんケンちゃん』オープニング
・『カトちゃんケンちゃん』地上~海~ミス~ゲームオーバー
・『迷宮組曲』城内~井戸
・(初披露)『スターソルジャー』メインBGM~フルパワーアップ
・『カトちゃんケンちゃん』地下2(ズンドコ節)
・『カトちゃんケンちゃん』エンディング

初披露の『スターソルジャー』メドレーですが、オリジナルは人が弾けるテンポではないのでテンポは落とされての演奏でしたが、曲の持つ力強さは充分に再現されていたのが印象的でした。


講座の最後にはチャイムがなって、起立・礼を。
何だか懐かしかったです(笑)。

貴重なお話・資料が満載なうえにお二人の生演奏も楽しめたので、
非常にお得感が高かったです!
最初は受講料(3500円)がちょっと高いかな、とも思いましたが
2時間じっくりとタケちゃん&健ちゃんのトークライブを観ることができたと思えば
それほど高くは無いな、と思いました。

松澤さん、そして国本さん、楽しい時間をありがとうございました!

 ちょっと時間が経ってしまいましたが、先日の日曜日(12月2日)、大塚・Welcome backにて行われた「けつおん!(K2-ON!)」のライブを観に行きました。
 (Welcome backのサイトにライブレポートと音源1曲がアップされています。少し下にスクロールしたところに有り)

 welcome backカレンダー:2012年12月2日

 ちなみにライブのタイトルが
 けつおん!(K2-ON!) "1st" 2nd Live
「けつおん!真冬の大復活祭 "Welcome back!!"」

だったのですが、初ライブなのに2ndライブとはどういうことなのかずっと気になっていました(笑)。

 国本さんのブログにて告知があったので知ったのですが、皆さん謎の芸名&ニックネームなのが……(笑)。
 
 けつおん!(K2-ON!)

 ライブの感想ですが、けつおん! はヤンチャでした。特にボーカル&ギターの市原さんが(笑)。
 ステージネームというか、あだながエリカさまこと市原雄亮さん、リードボーカルにギターにトークにボケに大活躍でしたが、日本初のゲーム音楽プロオーケストラ「日本BGMフィルハーモニー管弦楽団」の指揮者をされている方なんですよね。
 本当はかなりお忙しいはずなのに、こうしたこともされるとは……!

 ゲーム音楽中心の選曲なのかなと思っていましたが、ビートルズにゴダイゴなどロック・ポップミュージックがほとんどで、その点は意外でしたね。
 序盤はビートルズ・ナンバー連発で、ビートルズ好きの私としてはさらに楽しさアップでした!
 ビートルズの曲が途中で別の曲に変わるネタも披露していて、グッチ祐三か嘉門達雄か王様かと思ったり(笑)。
 ちなみにけつおん!HPで書かれていた「君はホエホエ娘」(『アイドル八犬伝』)も演奏されましたよ(ボーカル入りバージョン)。
 
 市原さんはのびのびと、そして堂々と楽しそうに歌っていたのが良かったですね。
 バックをつとめる皆さんの演奏もしっかりしていてこちらも良かったです。
 国本さんも、市原さんのボケをサポートしたり突っ込んだり(笑)。
 
 ラストナンバーの「君はホエホエ娘」の演奏後にはアンコールが起こり、その前に演奏した曲「銀河鉄道999」(ゴダイゴ)をもう一度演奏して、本当にフィニッシュ。
 中・高生が「ちょっとバンドやろうぜ!」な、良い意味で身軽に始めた感じで、楽しそうな感じが伝わるライブでした。

(写真クリックで拡大します)
k2on.jpg

 既にツイッターでは告知が出ていますが、8/25(土)13:30頃からUstreamで配信があります。
 主な内容は、先日リリースされた国本剛章さんのCD『ひつじの丘』に関するお話や、国本さんが作曲されたゲーム音楽についてのお話になる……予定です。

 メイン出演者は国本さんなわけですが、他にCD『ひつじの丘』のジャケットなどのイラストを手がけられたGBSさん、配信場所を提供してくださった、なるお(ドリミン)さん、そしてCDのライナーを執筆した私も出演予定です。たぶん私は出たとしても一瞬だと思いますが……(笑)。

 というわけで、もしお時間と興味のある方はご視聴よろしくお願いいたします。
 ただ配信を行う事に関しては、私はもちろん皆さん初めてですので、行き届かない点があるかもしれません。その際はご容赦くださいませ。

 肝心の配信先のアドレスですが、こちらになると思います(アドレスの最後にtestとあるのが気になりますが)。

 http://www.ustream.tv/channel/syntaxerrors-test
 前回記事を書いてから1ヶ月以上……(なので一番上に広告が出てしまいました……)。
 本日(8月3日)無事に国本剛章さんのCD『国本剛章WORKS~ひつじの丘~』が発売されました。
 割とギリギリでしたが注文していたのですが、本日無事にCDが届きました!

 ところでこのCD、ゲストミュージシャンのほかにも国本さんの知人の方々が参加されているのですが(例えばジャケットイラストを描かれたのはGBSさん)、実は私もライナーノーツ執筆という形で参加させていただいております。
 たとえわずかなりとも、CDに収録されている楽曲にとってお役に立つものであれば良いのですが……。
 CDを聴いた上で、時間などに余裕のある方は読んでいただけたら幸いです。

 『国本剛章WORKS~ひつじの丘~』(SweepRecordの紹介ページへ。視聴用動画もあります)

 ちなみにこのCD、媒体によって情報はまちまちですが、一般のCD店で販売されるのは9月にはいってからとのことです。
 (4Gamer.netでは9月20日との記載あり)

 「スターソルジャー」や「迷宮組曲」などのゲームミュージックを手掛けた国本剛章氏のCDアルバム「国本剛章WOKRS~ひつじの丘~」が8月3日に発売(4Gamer.netのサイトへ)


 
Template designed by アクセラと+αな生活(ホノミ)

Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。